ファイティングロードのサンドバッグとスタンドで自宅を稽古できる空手道場に

私は空手で強くなるために十数年間努力を続けてきましたが、その中で行き着いたのが自宅を空手道場のようにして稽古できる環境にする事が強くなる近道だと言うことです。なぜってそれは簡単な話です。空手の稽古をやろうと思ったときに自宅ならすぐにしかもいつでもやれるからです。例えば、朝の5時頃に空手の稽古をしたいと思っても空手道場もあいていませんし、トレーニングセンターなどもやっていません。なので、やりたくてもできないのが現状です。夜だって営業時間が過ぎたら同じことです。営業時間中であっても稽古をするために一旦家から外に出ないといけないのでちょっとモチベーションが低く面倒くさいなと思ったらやめようなかと悪魔のささやきにそそのかされて行くのをやめてしまいます。なので、本気で強くなりたいのであれば、自宅で空手道場と同じような環境を作ることが近道なんです。そう考えて私はファイティングロードのサンドバッグとスタンドを購入しました。購入価格は️円です。インターネットで注文して宅配便で送られてきます。ファイティングロードのサンドバッグスタンドは分解された状態で送られてきますので、自分で組み立てることが必要です。不器用な人はちょっとハードルが高いと感じるかもしれませんが説明書通りやれば問題ないのでそれほど心配する必要はありません。ネジやボルトもそれぞれ長さなどが違うのですが分かりやすく表示してくれています。ただひとつ準備をした方が良いと思うものは、ネジなどを閉めるスパナ等の道具です。そういうスパナ等の道具も同封されているのですが、ちょっと力が入りにくく使いづらいのできつくネジが閉めれないケースが多いです。実際に私も一代目のファイティングロードのサンドバックスタンドはしっかりネジを止めることが出来ませんでした。そうなると安定が悪くなりサンドバッグスタンドの遊びが多くなり緩んだネジの部分や遊びがある部分に負担がかかり早く壊れる原因の一つになります。よって、ネジはしっかり止めた方が良いのでインパクトドライバーなどを使った方が良いです。私もわざわざこのファイティングロードのサンドバッグスタンドの組み立ての為に購入しました。インパクトドライバーでネジをしっかり固定したらサンドバッグで空手の稽古をしたときの騒音も小さくなります。次にサンドバッグですが、これは一番大きいタイプを購入しました。理由は簡単です。稽古を続けていたら威力がどんどん強くなってきていずれ大きいタイプでないと稽古が出来なくなるからです。何回もサンドバッグを購入することは勿体ないのではじめから一番大きいものを購入することをおすすめします。次にサンドバッグスタンドの下にしくシートなどについてですがそのままフローリングの床に置くと突きや蹴りの威力でサンドバッグスタンドがすべり床を傷つけてしまったり、ずれてしまいまたもとの位置に戻す為に手間がいります。そういう問題を解決するために以前はジョイント式のマットや地震用の振動を吸収する素材をサンドバッグスタンドの下にしいて突きや蹴りなどの空手の稽古をしていました。これもそれなりによかったのですが、たまにジョイント部分がバラバラになったり、突きや蹴りの技の威力で徐々に後ろに滑っていってサンドバッグスタンドが邪魔で押し入れのドアが開かなくなるので、また元通りに戻す手間がいります。なので、サンドバッグスタンドが壊れたのを機会に滑らない車用のマットレスを購入しました。そして、そのマットレスの上に地震用の振動を吸収する素材をファイティングロードのサンドバッグスタンドの足の下に置くことで、全くサンドバッグスタンドが滑らなくなり、騒音もかなり、小さくなりました。この車用のマットレスは本当に優れもので、住宅密集地などて騒音を気にする場合は絶対に購入した方が良いです。それと私はこのファイティングロードのサンドバッグスタンドを3回購入しました。その理由は破損したからです。我が家では私の他に長男や次男や長女が私が決めた突きや蹴りのメニューを平日毎日こなしています。そして、サンドバッグを初めて自宅に購入したときに小学校1年生だった長男はすでに中学校3年生になっています。なので、突きや蹴りの威力も私に近づいて来ました。なので、サンドバッグスタンドに対する衝撃が大きくなっています。そういうことが原因でサンドバッグスタンドの支柱が割れて壊れるのでその都度買い換えているのですが、買い換えるとお金がいるのでなるべく長持ちされたいのが本音です。なので、3台目のファイティングロードのサンドバッグスタンドを購入するに当たって弱い部分を補強することにしました。材料はホームセンターで購入します。今回補強したのは支柱が割れないようにする補強です。こきょ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA