ファイティングロード ダンベル 40kgセットと空手の筋トレメニュー

ファイティングロード ダンベル セット40kgセット

私は自宅での空手の稽古やトレーニング用にファイティングロード ダンベル セット40kgセットを購入しています。

ファイティングロード ダンベル セット40kgセットを購入した理由は費用対効果を考えると他のメーカーのダンベルよりもリーゾナブルだからです。

ファイティングロード ダンベル 40kgセットを購入

40㎏のダンベル購入したのは失敗

ファイティングロード ダンベル セット40kgセット

重量は30キロや40キロ、60キロで悩んだのですが、購入した当時は40キロも上がる様になるか自信がなかったので40キロのダンベルにしました。

 

しかし、この判断は失敗に。

購入当初は30キロでも厳しかったのですが、定期的にダンベルを使った筋トレを続けていくと半年ぐらいで40キロの重量では全然トレーニングにならない様になりました。

こんな事になるのなら60キロのダンベルを購入すべきでした。

体を鍛えるトレーニングにならないので60キロのダンベルを購入し直すかどうか悩みましたが、そこまで必要かどうかも分からなかったのでとりあえず家にあった腕に巻く重りをつけてダンベルと一緒に利用して筋トレすると負荷をプラスして体にきく筋トレができることが分かりました。

腕に巻く重りを使い最大62㎏の負荷で筋トレ

よって、その後は筋力がついて重量が足りなくなる度に腕に巻くリストウエイト 3.0kg 2個セットの重りを追加で購入して、現在は腕に巻く重りの総重量が22キロ。

ダンベルが40キロで合計62キロのダンベルで筋トレをしています。

コスト的に考えると巻く重りは長年使っていると損傷が出てきて買い替えが必要になります。

そうなると一度購入したらそのまま長く使える60キロのダンベルの方が圧倒的に安かったので、ダンベルなどの筋トレグッズを購入するときはとても持ち上がらないから必要ないと思うぐらいの重いダンベルの購入をお勧めします。

ファイティングロード ダンベル セット ラバータイプ

更に自宅をなるべく傷つけたくない方は、安全性の高いラバープレートがおススメです。

万が一のこともあり床などに落としたときの破損を最小限にとどめるために金銭的に余裕がある方はラバープレート式のダンベルを購入しましょう。

ダンベル全体がゴムで覆われているので、多少割高ですが、床が傷つきにくく音も気になりません。

 

ダンベル 空手の筋トレメニュー

次に購入したダンベルを利用した私の筋トレメニューを紹介します。

ファイティングロードのダンベルを利用した筋トレは週に2日。

一回当たり30分です。

投げ技関節技ありの空手

私が現在所属している空手流派は打撃系の技以外に投げ技、関節技、しめ技など基本的に何でもありの空手です。

よって、力負けしないように筋トレは必須です。

ダンベルチェストプレス

まず、ベンチに寝そべって、62キロの最大重量で大胸筋を鍛えます。

ダンベルチェストプレス

上下12回。

ダンベルチェストプレス空手

ダンベルスクワット

そして、スクワットで太もも。

ダンベルスクワット

上下20回。

ダンベルスクワット空手

ダンベルカーフレイズ

背伸びしてふくらはぎ。

ダンベルカーフレイズ

上下100回。

ダンベルシュラッグ

同時に僧帽筋の筋トレ。

ダンベルを両手に持って肩をすくませるように筋トレします。

ダンベルベントアームプルオーバー

そのあと重量を変更して54.5キロの重量で上腕三頭筋と大胸筋全体の筋トレ。

ダンベルベントアームプルオーバー

上下12回。

ダンベルベントアームプルオーバー空手

ダンベルサイドベント

43.5キロの重量で横の腹筋 腹斜筋の筋トレ。

ダンベルサイドベント

横に倒してからもとに戻る事20回。

ダンベルサイドベント空手

ダンベルローイング

広背筋下部、背中の筋トレ。

ダンベルローイング

上下12回。

ダンベルローイング空手

ダンベルキックバック

38.5キロで上腕三頭筋の筋トレ。

ダンベルキックバック

前後12回。

ダンベルキックバック空手用

ファイティングロード フラットベンチPRO

ダンベルでの筋トレにベンチは必要不可欠です。

そして、腕の重りを一旦外して足側に22キロの巻く重りを。

足と腕と腹筋を鍛える筋トレ

腕側に27.5キロのダンベルを持って足と腕と腹筋を鍛える筋トレを。

足と腕と腹筋を鍛える筋トレ

まず、両手と片足を上げる筋トレ。

足と腕と腹筋を鍛える筋トレ空手用

上下50回。

ダンベルレッグレイズ

次は両手のダンベルは床につけて両足を上げる筋トレ。

ダンベルレッグレイズ

上下30回。

ダンベルレッグレイズ空手用

大胸筋の筋トレ

そして、足に巻いていた重りを外して腕につけます。

大胸筋の筋トレ

そして、腕に22キロの重りを巻いて、ダンベルは32.5キロにして両手で持って胸に近づけていって大胸筋の筋トレ。

大胸筋の筋トレ空手用

上下12回。

片手でダンベルチェストプレス

その重量を片手で持って43.5キロで大胸筋を鍛える筋トレ。

片手でダンベルチェストプレス

これはベンチプレスで考えると87キロの重量の筋トレに当たります。

片手でダンベルチェストプレス空手用

上下12回。

背中を鍛える筋トレ

そして、そのままの重量で片手で背中を鍛える筋トレ。

背中を鍛える筋トレ

上下30回。

背中を鍛える筋トレ空手用

ダンベルリアラテラルレイズ

腕の重りを18キロ。

ダンベルリアラテラルレイズ

ダンベルを40キロで両手で三角筋後部と背中の筋トレ。

ダンベルリアラテラルレイズ空手用

上下12回。

ダンベルカール

29キロの重量で片手ずつ上腕二頭筋の筋トレ。

ダンベルカール

上下12回。

ダンベルカール空手用

 

ダンベルショルダープレス

同じく三角筋の筋トレ。

ダンベルショルダープレス

上下12回。

ダンベルショルダープレス空手用

ブルガリアンスクワット

そして最後は全てのダンベルと腕に重りを巻いて62キロの重量で片足をベンチに乗せて片足ごとの筋トレ。

ブルガリアンスクワット

これは両足で鍛える換算でいくと124キロの筋トレです。

ブルガリアンスクワット空手用

上下50回。

保管スペースも筋トレスペースも小さいダンベルは非常に便利

こんな感じで限られた重量を使い工夫して空手用の筋トレを続けています。

空手で強くなる為に筋トレは欠かせませんので自宅での稽古を考えると保管スペースも筋トレスペースも小さいダンベルは非常に便利ですよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA