受験勉強や仕事など社会で成功する能力や経験を空手で得る

受験勉強や仕事など社会で成功する能力や経験を空手で得る

中学校や高校、大学の受験勉強や仕事などの社会で成功する能力や経験を空手の体験を通して身につける事が出来ます。

社会で成功する能力や経験を空手で得る方法

肉体系の空手体験と受験や仕事がどのように交わって生きてくるのか想像も出来ないという方もおられると思いますので分かりやすく説明します。

真剣に空手で強くなる努力を

真剣に空手に取り組み出来るだけ強くなる努力を

まず、空手を受験勉強や仕事に生かすために真剣に空手に取り組みできる限り強くなる努力をすることが必要です。

ただ単に空手をやっただけで仕事や受験勉強で成功する能力が身につくと言うわけではありません。

空手道場に入門する

まず、空手道場に入門します。

空手で強くなる為あらゆる努力を自分で考えて続ける

筋トレで筋力をつける

筋トレで筋力をつける

そこでいろいろな稽古や練習をするのですが強くなるために筋トレなどで筋力をつけることも必要です。

ダンベルやベンチプレスなとの機材を使ったり、自重の筋トレをしたり。

走り込んでスタミナや足腰の筋肉を鍛える事も必要です。

攻撃や受け技の稽古で強く鋭く早くを意識

攻撃や受け技の稽古で強く鋭く早くを意識

攻撃や受け技を磨くために基本稽古も真剣に出来るだけ早く強く鋭くを意識してやります。

ミットやサンドバッグの稽古でも相手にダメージを与える技を身につけるために鋭さや強さを意識します。

急所を知り攻撃する意識を持つ

人の急所など体の弱い部分を理解して攻撃する意識を植え付けます。

強い相手に組み手で勝つ方法を考える

強い相手と組み手から勝つ方法を考える

組み手の稽古でも手を抜かず自分より強い相手との組み手も逃げずにやります。

そして、どのような稽古をやって、どのような技を身につけて、どのようなトレーニングなどをしたら勝てるようになるか自分で考えて、実際に実行していきます。

相手の隙や弱点などがないか。

あればどのように攻撃すれば有利になるか、どのように防御して反撃すれば有利になるか集中して考えます。

大会に出場 弱点を知り負けた理由を考え稽古で克服

大会に出場 弱点を知り負けた理由を考え稽古で克服

さらに大会にも積極的に出場し、自分の力を試す場で全力を尽くして、出来るだけ勝ち上がれるように努力します。

そして、負けたらなぜ負けたか、自分が納得できるまで考えます。

単純に稽古量が足りないと言うケースも多いでしょう。

そして、その負けた理由を克服するため稽古に励みます。

勝った試合も振り返り、自分の弱点や対戦相手に劣る部分を探し、強化します。

このサイクルを続ける

このサイクルを継続する事で更なる肉体的な精神的な強さが身に付きます。

受験勉強や仕事など社会で成功する能力や経験を得る

このサイクルを受験勉強や仕事に当てはめるとどうなるのか?

受験勉強や仕事など社会で成功する

塾に入る

受験勉強であれば塾に入ります。

授業で学び宿題で勉強

そして、塾の授業で学んだり、宿題で勉強したりします。

テストで弱点を知り克服するための勉強をする

模試や診断テストを受けて自分の志望校に対する合格判定や順位から足らなければ弱点となる科目の勉強やそもそもの勉強量を増やします。

空手の弱点を克服する練習

このサイクルを続ける

このようなサイクルを続ける事で学力が身についてきます。

仕事も同じサイクルを続けて出世レースを勝ち上がる

社会人になって仕事となると空手のような大会や試合、受験勉強のような模試の試験などがないので客観的な物差しがないので分かりにくいですが、同じような過程を経て、努力して必要な能力や力を身につけた人が出世レースで勝ち上がります。

空手の成功までの過程は仕事や受験勉強と同じ

なので、小さい子供の時などに空手で大会で優勝するなど優秀な成績を残した人は成功体験があり、同じような努力をすれば同じように成功できる経験を積むことが出来ます。

空手の成功までの過程

そして、親であるあなたは子供に空手と同じことをやれば君はなんでも成功する。

自信を持ってそう伝えられるはずです。

空手を始めた子供にこのような意識を植え付けて本気で空手をさせたら将来、人生で成功する素晴らしい体験をさせることが出来ます。

子供たちの明るい未来を掴むために空手は本当におすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA