ナックルガード3親指付スーパー拳サポーターBODYMAKER

拳サポーターBODYMAKER

空手の組み手や初心者のミット打ちの稽古で自分の拳や相手の体のダメージを軽減する為にBODYMAKER(ボディーメーカー)のナックルガード3親指付やスーパー拳サポーターがおすすめです。

空手の組み手やミット打ちに拳サポーターがおすすめ

空手の組み手やミット打ちに拳サポーター

おすすめする理由

 

 

フルコンタクト空手の大会などではサポーターをせずに素手で戦うことが多いですが、稽古の時から本気で防具なしで組み手の稽古をしていたら、相手の体の硬い部分を叩いて自分の拳を痛めたり、相手の体に大きなダメージを残してしまったりします。

そして、怪我をしてしまうと治るまで稽古が出来ません。

稽古が出来ないと技術や力を高めることができないのでその期間は足踏みしてしまいます。

だから、空手の稽古を続けて強さを早く手に入れる為に怪我をせずに稽古を続けられることが必要になります。

組み手などで怪我をしない為に拳サポーターを着用することをおすすめします。

BODYMAKERのナックルガード3親指付やスーパー拳サポーター

その拳サポーターの中で私がおすすめするのがBODYMAKER(ボディーメーカー)のナックルガード3親指付やスーパー拳サポーターです。

BODYMAKERナックルガード3親指付

BODYMAKER(ボディーメーカー)の拳サポーターの種類

ナックルガード3親指付

 

 

スーパー拳サポーター

 

 

両者とも親指ガードがついていて手の甲を保護し、親指の引っかけによる骨折などを防ぐ効果があります。

スーパー拳サポーターの方がハイグレードです。

よって、長く使いたい方や初心者で拳をしっかり保護したい方はスーパー拳サポーターをおすすめします。

BODYMAKER(ボディーメーカー)の拳サポーターの価格

ナックルガード3親指付

1500円前後

スーパー拳サポーター

2000円前後

ボディーメーカーの拳サポーターをおすすめする理由

BODYMAKERスーパー拳サポーター

クッション性が優れている

BODYMAKER(ボディーメーカー)のナックルガード3親指付やスーパー拳サポーターをお勧めする理由はまず、クッション性が優れていること。

クッション性が優れているので突きの威力を吸収します。

よって自分の拳や相手の体のダメージを軽減する効果があります。

クッション性が長持ちする

次にそのクッション性が長持ちすること。

他の拳サポーターもいくつか利用したのですが私が利用した他のメーカーの拳サポーターはすぐにぺったんこになりクッション性能がかなり落ちてしまいました。

しかし、このBODYMAKER(ボディーメーカー)のナックルガード3親指付やスーパー拳サポーターはそれなりの期間使ってもクッション性能が落ちませんでした。

 

 

拳を保護しつつ掴み技や投げ技が素手の感覚で出来る

ボディーメーカー拳サポーター

次に手袋のように各指を入れる穴が空いていて先に穴が空いていること。

そのおかげで手の各指がしっかり保護されますし、私自身、掴み技や投げ技もある空手をやっているので相手を掴むことに支障もありません。

打撃の威力から保護しつつ掴む時は素手の感覚で使えるので非常に助かっています。

ナックルガード3親指付やスーパー拳サポーターの使い方

装着方法

ナックルガード3親指付装着方法

装着方法は手袋を履くような感覚です。

空手の組み手

空手の組み手拳サポーター

拳サポーターの使い道で1番多いのが空手の組み手の時。

拳サポーターを装着して組み手をすることで素手で相手を叩くより自分の拳のダメージも少なく相手の体のダメージも小さくなります。

 

 

ミット打ち

ミット打ち拳サポーター

次にミット打ちの時に使うことも出来ます。

ある程度中級者以上になるとBODYMAKER(ボディーメーカー)のナックルガード3親指付やスーパー拳サポーターなどをつけてのマット打ちはお勧めしませんが、初心者はミットを叩くだけでも拳が痛く腫れ上がります。

その原因は拳が鍛えられていないからですが、初心者からしたら痛くて辛いもの。

空手道場に入門してすぐに辞める原因にもなるので、空手の初心者の時に拳サポーターを利用する事は空手を継続する為に役立つものになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA