ミズノ 空手 ボディプロテクターを大会に向けた自宅の稽古の為に購入

ミズノ 空手 ボディプロテクター

自宅で子供を空手で強くする為に大会前は組み手の稽古をするのですが、絶対に欠かせないアイテムとしてプロテクターがあります。

空手を始めて、子供達が小学校低学年や中学年の間は、そのまま体で受けたり、それが厳しくなったらBODYMAKER ボディプロテクターハードモデルを使っていました。

BODYMAKER ボディプロテクターでは痛みを感じる

BODYMAKER ボディプロテクターハードモデルは、柔らかくて軽くて、子供を強くするのに役立ったのですが、子供の体格の成長や空手の技術的な成長に伴い、子供の突きの威力を吸収しきれずに、痛みを感じるようになりました。

そして、自分の稽古にもなると思いながら続けていたら、そのうち我慢できない苦痛を感じるようになったので別のプロテクターを探すことに。

BODYMAKER ボディプロテクター空手の稽古

硬めのミズノの空手用のボディプロテクター

今回のプロテクターはちょっと硬めのミズノの空手用のボディプロテクターです。

ミズノ 空手 ボディプロテクターは、表面は硬いのですが、薄いので使ってみると拳で突いた子供は拳が痛くて強く突けない。

 

 

攻撃の衝撃が吸収し切れずつらい

そして、プロテクターを装着した私はと言うと硬いので直接攻撃が体に突き刺さるわけではないのですが、体に威力が伝わってきます。

これは、正直、私の体もきつい。

子供の拳を強くすることを考えたら、痛みに耐えて強く突けと指導するのですが、私の体のダメージが大きく、そうすることにかなり困難を伴うことが分かりました。

普通に胴着などの下に装着して格上の者と組み手をするような使い方であれば全然問題無いのですが、無防備、無抵抗の棒立ちの状態で全力の攻撃を受けるのにはいくら子供とはいえレベルが高くなると難しいというのが正直な感想です。

空手のメリットやプラス面

このミズノ 空手 ボディプロテクターはもっと子供達が小さかったり、レベルが低い時に使うべきでした。

ミズノ 空手 ボディプロテクターの有効活用法を考える

しかし、購入したので使えないのはもったいないです。

いろいろ試して、このミズノ 空手 ボディプロテクターの上に更にBODYMAKER ボディプロテクターをつけることで私が欲しかった薄くて、硬さがあり、ダメージを吸収するプロテクターとして利用できるようになりました。

そのエピソードはまた、別のページで詳しく紹介します。

 

 

あはは

この空手つーしんではBODYMAKERとミズノのボディプロテクターの組み合わせで空手稽古に理想的なものが完成したエピソードを紹介しています。
よかったら見てください。

ネコ

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA